山野浩二のタイ株講座


著:山野浩二
発行:情報センター出版局
アジアをつなぐ経済情報専門インターネット出版社。タイ株、ベトナム株、アジア株の株式データ、口座開設、チャート情報。電子書籍の販売。

会員限定メルマガ
「山野浩二のタイ株講座」
絶賛配信中。

正確な情報とタイ株投資家としての視点を伝える
メールマガジン 『山野浩二のタイ株講座』 を配信中です。


『山野浩二のタイ株講座』では、他では入手できない貴重な情報に加え、長年タイ株を取材してきたジャーナリストとしての視点を交えてお送りします。
タイ株投資家のみなさまをサポートする有益な情報を、厳選して配信しております。

内容は、

・投資する企業を選ぶための必要な、タイの政治経済情報とその背景。
・相場を動かしている、SET市場の機関投資家の動向
・これから成長が見込まれるセクター、個別企業。
・タイ現地証券筋の情報。


『山野浩二のタイ株講座』サンプルを見る


「お伝えしたいのは正確な情報とタイ株投資家としての視点です」
〜 山野浩二よりご挨拶〜

 このたびは私の「タイ株講座」への登録をご検討いただき、ありがとうございます。
 初めに申し上げておきたいことがあります。
 拙著「タイ株入門」でも申し上げましたが、私はプロのアナリストではなく、あくまでひとりの個人投資家であり、編集者・ジャーナリストです。ですから個別銘柄を推奨することはありません。もしこれを期待されているなら、残念ながらご期待には沿えないことを、何卒ご理解ください。

 とはいえ、私は数多のSET上場企業やタイの証券関係者を取材してきました。また弊社はタイ国内のマスコミ・金融機関と直接提携し、重要度の高い情報を入手するルートも確立しており、現在も私や現地スタッフが頻繁に取材を行っています。そういう意味でのタイ企業情報の精度、市場動向の精査能力は、他の追随を許さないと自負しております。

 この『山野浩二のタイ株講座』では、私自身の個人投資家としての実績をことさら述べることも、ありません。有り体にいいますと「○億儲けた!」などは申し上げることはない、という意味です。個人投資家としては、僭越ながら余人に恥じない実績もありますが、それを声高にアピールすることは、私と弊社のスタンスに反するからです。

 昨今は、個人投資家の射幸心ばかりを煽るようなHPやブログが増えてきています。参考になさっている方も少なくないと思いますが、このようなサイトがなぜそのようなことをするかを考えてみれば、目的は自ずと明らかではないでしょうか。

 私がお届けするのは、本来、(タイ)株の売買に絶対に欠かせない「最低限の知識」と「正確な企業情報・経済情報」、またそれを使って「現在の市場をどう読み解くかの視点」です。
 情報はただ正確なだけでは意味がなく、しかるべき文脈に位置づける「視点」があって初めて投資における大きな「武器」となります。「買うべきか、売るべきか」という判断も、この「武器」があってこそより適切に下せます。
  ですからタイ株について良いことだけでなく、悪いことも余すことなくお伝えするつもりです。これまで培ってきた個人投資家としての、またジャーナリストとしての信義に基づいて。

 単純すぎて忘れてしまいがちですが、そもそも株は上がったり下がったりするものです。永遠に上昇し続けるインデックスや銘柄などというものは存在しません。利益に目がくらむと、パフォーマンスの高い銘柄を「買う」ことばかりに目が向いてしまいますが、本来は「いつ売るか」「持ち続けるべきか」など、市場におけるトータルな判断が明暗を分けます。
  これを実現するには、「情報」と「視点」にまさる武器はありません。 メルマガや会員専用掲示板などのメニューを通して、タイ経済や市場におけるこういった「情報」や「視点」をお伝えしたいと考えています。

  これにより我々日本人のみならず、タイの人々に喜ばれるような、本来の意味での「投資」のお役に立てれば幸いです。

 株式会社アジアンバリュー代表 山野浩二