闇金と普通の貸金業者の違いについて

銀行やサラ金などの貸金業者と闇金では、お金を借りられる点以外では明確な違いがあります。
最も大きな違いとなるのが、闇金は未認可で営業されている違法業者ということです。

一般的な貸金業者は国の許可を受けて、お金を貸す営業を行っています。
この許可を受けるためには法律を遵守することが必須で、もし法律に反する営業内容が見られた場合は即時に営業許可が取り消されてしまうほど厳格です。
この法律を一切守らずに貸金業を営業しているのが闇金です。

闇金は国の許可を受けることなく、組織的な貸金業を営んでいるため、社会問題ともなっています。

また、闇金は法律の管理下に置かれていないため、法外な金利設定がされていることがほとんどです。
特にトイチと呼ばれる闇金の金利は借り手を破滅に導くほど高く、お金を借りてしまうと窮地に陥ってしまいます。

このように闇金は利用するメリットが皆無であり、デメリットしかありませんので、絶対に近寄らないようにしましょう。
もし闇金から借金がある場合には、闇金に強い弁護士・司法書士事務所へ相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました